【追記(12/14)】ニコニコ新仕様向けの動画作成方法について

ニコニコのエンコサーバの仕様変更が一気に拡大していっているので,なるべく劣化しないようにするにはどうすればいいのかを簡単にまとめます。動画をアップロードする際の参考にして下さい。

動画作成する段階に気をつけること

動画作成のソフトウェアで動画を作成するときに,解像度(映像の縦幅と横幅)を高めに設定して下さい。もちろん解像度を高く設定すると,動画作成の際にソフトウェアの動作が重くなったり,出力したファイルの容量が大きくなったりするので,ほどほどに設定したほうがよいと思います。FullHD(1920x1080)やHD(1280x720)あたりが,一般的なパソコンで扱いやすい大きさかなと思います。

AVIなどの形式でファイルを出力する際は,可逆圧縮コーデックを使用することをお勧めします。解像度が高いと映像のデータ量が多くなるので,非圧縮形式などだとファイル容量が非常に大きくなります(また,つんでれんこで読めないなどの問題にも繋がったりします)。Ut Video Codecなどの可逆圧縮コーデックをパソコンにインストールした後,動画作成ソフトウェアで動画を作成する際に,映像形式として(先程インストールした)可逆圧縮形式を選んで動画ファイルを書き出すと,劣化なしでファイル容量を大幅に減らすことができます。

【追記(12/14)】この段階でNNC(ニコニコ新仕様チェッカー)を使ってみて,エンコードしないでそのまま投稿してもよさそうだと判断したら,つんでれんこやTDEnc2を使わずにそのまま投稿してもよいかもしれません。

つんでれんこやTDEnc2を使う際に気をつけること

つんでれんこバージョン2.79以降で,TDEnc2(Mac版つんでれんこ)バージョン2.26以降でニコニコの新仕様に対応しています。バージョンが古い場合は,つんでれんこやTDEnc2を最新版にアップデートしてください。

つんでれんこやTDEnc2でニコニコ新仕様向けにエンコードするには,アップロード先のサイトを選ぶときに適切な選択肢を選んで下さい。つんでれんこは(小文字のnではなく)大文字のNTDEnc2は選択肢2番が,新仕様向けの選択肢です(この選択肢は今後のバージョンアップで多少変わる可能性はありますが,とりあえずこの記事執筆時点ではこうなっています)。

「ニコニコ側で1.5GBまで対応してくれるんだからエンコードしなくてもいいんじゃないか?」というように思うかもしれませんが,許容容量が大きいからと言ってエンコードしなくてもいいというような単純な話ではないことが,多くのユーザーの検証で明らかになっていますニコニコ大百科に色々な情報がまとまっているので,気になる人は見てみて下さい。結構気をつけないと,思っている以上に低画質低音質な動画が作成されます。

※以上はつんでれんこを用いた場合の動画作成方法です。つんでれんこ以外にニコニコの新仕様に対応したとものとしてはx264guiExがありますので,そちらを使いたい場合はそちらを利用してMP4を作成してください。

動画をアップロードした後に気をつけること

仕様変更によって(これまでは一定条件を満たせばサーバ側で再エンコされなかったのですが)今後は必ずサーバで再エンコードされるようになります。なので,アップロード後にブラウザで画質や音質を確認することをお勧めします。どうしても画質や音質に納得が行かない場合は,運営に改善要望を出すか,他のサイトにアップロードするなどの対応も考える方が現実的かなと思います。

気をつけることは,画質や音質は必ずブラウザで確認するという点です。ダウンロードツールなどを利用してニコニコのサーバから動画ファイルをダウンロードし,それを他の動画プレイヤーなどを用いて確認する方法では適切な確認ができません。ダウンロードツールが接続するサーバによっては,実際にブラウザで見るときとは異なるファイルが落ちてくる場合があるからです。

まとめ

  1. 高解像度で動画を作成する(できれば可逆圧縮コーデックを用いて書き出す)。
  2. 最新版のつんでれんこで大文字のNを選ぶ(TDEnc2の場合は選択肢2番を選ぶ)。
  3. アップロード後に画質と音質をブラウザで確認する(サーバ再エンコによって必ず劣化するので)。
  4. (オプション)納得行かない場合は運営に改善要望を出したり他サイトにアップロードしたりする。